ボーダーコリーjustyのがんばる日々

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛するjustyの姿がなくなって3日が過ぎました。
変わらないのは時間の進み方だけ。。
あたしは大丈夫です。
悲しみよりも感謝の気持ちのほうが何倍も大きいの。
それにあんなにがんばってきたじゃすに対していつまでもメソメソ、なんてじゃすに失礼だもの!
IMG_5252.jpg


ここからじゃすをお見送りするまで記しておこうと思います。
息を止めたじゃすのお顔も載せましたのでお別れしてくださる方は追記へお進みください。
長いよ(笑)
じゃすの体調が変化したのは2週間ほど前になります。
ちょうどお天気の気圧が変化し雷が鳴ったり、かと思えば翌日は暑いくらいの日になったり。
ぐったりしたのではなく、ひたすらバタバタして疲れてしまった感じでした。
ごはんもいらないと言い始め、2日くらいは無理やりお口を開けて食べさせていました。
でも3日目くらいからは飲み込むこともしなくなり、お水を自ら飲むこともしなくなりました。
それまででしたらすぐに病院へ行って点滴、でしたが
そのときのじゃすの体の様子や体力からいって点滴はただの延命になってしまうと思いました。
もう、何度も点滴の針を刺しましたしね・・・
飼い主がすべきことはパートナーをできる限り穏やかに安らかに旅立たせるお手伝いができるかどうか。。
点滴をしたままお布団の上で寝かせておくだけ、という選択肢は私にはもうありませんでした。

本当に穏やかな寝息でただ寝ているだけだったので
その週末はディスクドッグの大会へ一緒に行きました。
14年間通った、その会場の音や匂いやだいすきなひとに会うこと。
私にとってもじゃすにとっても大事なことだと思ったのです。
たくさんの方にごあいさつできました。
「穏やかだね!」みなさんそう言ってくださいました。
ただ、何もしないのでは見殺しですから(笑)、
ずっとじゃすに水分をあげたり体位を変えたりしていました。
10646791_637490163030741_5182272620864997094_n.jpg

肝臓に腫瘍も持っていてあんなペラペラの体で、旅立つまで1週間以上がんばりました。
おちっこもね、しっかり出ていたんですよ。
あー、ちゃんと水分摂れているんだって。
もうこの際膀胱炎だの結石だの、じゃないですよ。
液体状になるような栄養になるものもお水と一緒に流し込んでいました。
ごっくん、ごっくん、と飲み込んでくれていました。

息がとまる2日くらい前からいよいよ飲み込む力も弱くなりました。
私も覚悟が決まったのだと思います。

21日の朝5時。

目が覚めました。
その夜るいるいはばあばと一緒に寝ていました。
お布団にはあたしとじゃすだけ。
じゃすが違う。
直感しました。
息、してない。
でもあったかい。。
多分私が目を覚ます数分、ひょっとしたら数秒前だったかもしれない。
「じゃす、、いっちゃったの・・・」
その時は冷静にじゃすの死を受け止めました。

完全な寝たきりになって約2年でしたがじゃすは褥瘡(床ずれ)を作りませんでした。
あっちもこっちもきれいなままで、ただンチだけ少し出して最後のお世話をさせてくれました。
早朝でしたが連絡をした近所の大地の母さんが会いにきてくれました。
大地の母さんにはるいるいの入院時などどれだけ助けられたかわかりません。
本当にありがとう。
大地、一緒のお散歩楽しかったね^^
かりんままも忙しい中用事の途中寄ってくれました。

じゃすをお見送りするところは近所のセレモニーホールと決めていました。
30キロ走ればお経もあげてくれるお寺もありましたが
そこまで運転する自信はありませんでしたし、りゅうくん同様静かにゆっくりおくってあげたかったの。
それに移動する時間も少しでもじゃすと離れたくなかった。
電話で予約すると午後は予約でいっぱいとのこと。
お昼の12時しか空いていないって。
そりゃあ少しでも長く一緒にいたかったですが、きっとそれもじゃすが仕組んだこと。
あんな体で1日も置いておいたらせっかくのかわいいお顔も変わってしまいますしね・・・

一緒に持たせるお写真だけ数枚プリントアウトしてから、
ずっと膝枕で抱きしめて、おかしくなる程泣きました。
このじゃす~、もう息していないの。
IMG_0875.jpg


お見送りはずっと支えてくれたむさし家が一緒にいてくれました。
本当に心強かったです。
じゃすもむさしままだいすきでしたから・・・
お忙しい中ジャスミンママさんも駆けつけてくださいました。
じゃすのことずっとずっと気にかけてくださって、、、嬉しかったです。
IMG_3896.jpg

メッセージを書く折りヅルをなぜか広げてしまい、
挙句再びツルにできなかったアホなあたし。
どんだけ自分をなくしてたんでしょーか?(笑)
IMG_4570.jpg

こちらのセレモニーホールはお骨がきれいに全部拾えるように棺には入れないのです。
IMG_9403.jpg

じゃすがだいすきなきゅっきゅのおもちゃ、、むさしままが持たせてくれた。
よかったねじゃす~。
IMG_6040.jpg

お線香をあげて、炉に移動するときも係の方にお願いして自分でじゃすを抱っこしていきました。
いっぱいいっぱい抱きしめてお手手を握ってキスをして・・・
なかなか離れられなかったけどむさしままが「ちゃんと最後まで見送ってあげなきゃ」と言ってくれて。。
しっかり送れたと思います。
ありがとう。
静岡からしゅうくりいむ家も駆けつけてくれました。
ホイコーロたちには癒されましたよ~^^
ありがとう。
10624924_767867483276587_7833842886675387196_n.jpg


じゃすって本当に私想いなんだって改めて思い知りました。
だってね「じゃすが息止まるところ、見たくない」って思ってたんですよ。
でもちゃんと私の傍だった。
お空は高い「じゃす晴れ」で、お彼岸で、るいるいもいて、きれいなままで。
1週間お別れまでの心の準備もしっかりさせてくれた。
半身不随になった日から「もう2度と後悔したくない」とできることを全力でやってきました。
じゃすもハンデにも病気にも負けなかった。すっごくすっごくすっごくがんばった。
14歳9カ月、半身不随になって約9年、完全介護約2年。
悔いはありません。
私の人生を変えたソウルメイト。
じゃすと出会えたこと、一緒に生きてこられたこと、一緒にがんばってきたこと、胸を張って言えます。
本当に幸せでした。

ただ、、

今日明日の命かもしれない、でもその中でできる限りがんばっている私たちに
心をえぐられるようなメッセージが届きました。
じゃすに対してのこと、初めて否定されました。
じゃすのことを思ってのことかとは思いますが
詳しい状況を見ていないのに決めつけられ
病院に行かないのは点滴しないのはあり得ない、このまま死なせるのか、と。
大切なひとは私の思ったままでいい、間違ってないから、と支えてくれました。
どんなことでも、ましてや大切な大切な存在に対しての対処は正解などありません。
多くの飼い主さんはできる限りの努力や選択をし最善を尽くしているはずです。
それを無視、否定して自分の考えを押し通すことは悲しみを深めるだけです。

もしみなさんの周りのお友達でがんばっているわんこ、飼い主さんがいたら
そっと見守り温かい声をかけてあげてください。
それはとても力になるものです。
どうかがんばりを消さないでください。

じゃすの姿は見えなくなりましたがずーーーーっと一緒にいます。
私たちはふたりでひとつだから。
みなさん、じゃすのこと愛してくださってありがとうございました。



あるくん、ちょっとさみしそう。
1907446_642382395874851_7983502499073482203_n.jpg


じゃすは自由な体になりました。
これからどこへ行くのも一緒だよ!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ジャスティくん穏やかに旅立たれたのですね。ブログを拝見して愛情溢れる14年間だったのではないかと思います。愛されて最後は大好きな人のそばで旅立てたジャスティくん幸せいっぱいだったと思います。これからも何処にいくのも一緒ですね!
実際にお会いしたことはありませんが私からも出会えた事にありがとうと言いたいです。
2014/09/24(水) 09:53 | URL | きょんこ #-[ 編集]
いつも読み逃げしてました。ジャス君のご冥福をお祈りします。
ジャス君の人生はすごく太く長かったと思います。

会えないのは辛いけれどそれは変えられないこと
最後には僕も(私も)行くから、ほんのつかの間のさよなら ですね。合掌
2014/09/25(木) 02:33 | URL | ななし #-[ 編集]
ジャスティ、ありがとう。 いつかまた会いたい。
ジャスティ君、ジャスマさんのおかげで、つらい時期を乗り越えて、ディスクをがんばって来れました。

限りある命の中で、事故を乗り越え、ジャスティ君も、ジャスマさんも精一杯生きてきたことが、素晴らしいと思います。

頂いた、ジャスティ君のイラストを励みに、ディスクをもっとがんばっていきます。

ジャスティ君の事は、ずっと忘れません。

ジャスティ君のご冥福を、心からお祈り申し上げます。

ジャスマさん、心労がたいへんだとは思いますが、お体を大切にしてください。

大会でお会いできる時が来ましたら、、ジャスティ君の現役バリバリの時の、お話を聞かせください。

2014/09/25(木) 08:01 | URL | #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/09/25(木) 10:28 | | #[ 編集]
旅たとうとしている
愛しい家族の想いは
見送るものにしか
わかりません。

私も
愛娘の
旅たちを迎える日々
なにができるかではなく
何をしてほしいのかを
考えました。

だから
治療はしませんでした。
痛みだけをとりました。
でも、後悔はしていません。

じゃすてぃーくんも
じゃすまさんに伝えていたのだと思います。

想いは共に

穏やかな
じゃすくんの寝顔を
撫でました。

じゃすくんは
じゃすくん以外にはなりたくなかったと思います。

じゃすまさんのそばで
生きたこと
それは彼の誇りで、自慢だと思います。

心から
ありがとう!!

じゃすまさん
ありがとう!!

2014/09/25(木) 12:34 | URL | ベス母 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/09/29(月) 22:04 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gojus.blog82.fc2.com/tb.php/1173-29a44526
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。