ボーダーコリーjustyのがんばる日々

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花梨が、いっちゃった。
23日の朝。
かりんまからメールが入った。


あたしとじゃすが大好きな花梨。
もう11年の付き合いになるんだっけ?

26日に他のお友達が来ると聞いたので、
あたしもその日に合わせて行くつもりだったの。
その前に何か食べられそうなもの、送るつもりだったんだ。
何度も遊びに来てあまり体力使わせても、、と思って。
でも22日、なんとなく「今日行こう」と思って。
玄関先で渡すだけでもいいや、って。
曇ってたからじゃすも一緒に行ったんだよ。
そしたらかりんまってば「もう吠える元気もないよ」なんて言うの。
だってこの間から1カ月ちょっとだよ?
会ってやって、と もう何十回と自分の家のように来ていたドアを開けると
花梨は酸素室にはいってた。
あたしが期待したあの「ひゃん!ひゃん!」っていう甲高い花梨の声は聞けず
じっとおっきなお目目だけを向けてくれた。
あれだけ「撫でて!あたしが一番!」って言ってきた花梨が
「花梨」名前を呼んで手を出すとお顔を背ける。
もう、触れただけで壊れてしまいそう・・・
それでもおトイレは自分でできるって。
花梨のおトイレタイムに合わせてじゃすも花梨に会ったよ。

花梨が辛いので写真はこれだけ。
まさかこれが本当に最後のツーショットになるなんて・・・
IMG_1862.jpg

IMG_18581.jpg

IMG_18591.jpg


「花梨、また来るね」って言った次の日。


花梨はお星さまになった。

お寺の方も「一般の方(わんこ)でこれだけ参列者が多いのはなかなかないです」
というくらいたくさんのお友達が会いに来てくれて。
そうそう、昔 ペア大会っていうのがあったときの記念Tシャツ、
大事にとってあったので花梨に持っていってもらったよ。
大好きなディスクもおやつももちろん持って、
かわいいお花に囲まれてかわいいお顔のままで、
幸せな花梨は昇っていきました。

土曜日。
晴れ空の下、ひとがだいすきな花梨はみんなに会うために
この日を選んだ。
偉いね、すごいね、花梨。



花梨だったから、じゃすはいろんなこと覚えたよ。
花梨とかりんまだったから、ディスクの大会も続けられたよ。
BBスタジアムに行くのに淡路島に行ったこと、今じゃ伝説だよ(笑
かりん家に泊ったとき、決まって朝方あたしの首をかかえにきた。
(かりんまにもしてたよ)
「まだ寝かせてよ~~」なんて言ってたなあ。
じゃすも花梨にはべったりで花梨もじゃすには
弟分、みたいな付き合い方してくれた。
一花たちが生まれて花梨がお母さんになった。
でもやっぱりあたしは花梨が可愛かった(かりんま ごめーん)。
この間のジャパンカップではMCをしてたよっしーさんが
「この花梨に憧れてディスクを始めた方も多いのではないでしょうか?」
と言ってくれました。
ちぇー、やっぱりよっしーさんいいこと言ってくれるんだーもー。
その通りだよ!ディスクもレッドのボーダーの憧れでもあったんだぞ!って
心の中でえっへんしてました。
花梨だったからかりんまとかりんぱに出会えたんだよ。
うん、ストーカーみたいにね!(笑
うちだけじゃない、花梨はたくさんのひとに愛された。
花梨、あたしとじゃすと会ってくれて、
かりんまとかりんぱに会わせてくれてありがとう。
みなさん花梨のこと、可愛がってくれて 愛してくれて 憧れてくれて、
ありがとうございました。

かりんま、かりんぱ、お疲れ様。。
花梨、旅立つ前にごはんいっぱい食べただろうけど
お腹すいたらまたもらいに行くんだよ。


今日、じゃす~も一緒に行きました。
花梨がいたところ、すっごいにおい嗅いでた。
何かしら、感じているんだろう。
なぜなら昨日帰ったとき
分骨してもらったお骨が入ったかばんを、におい嗅いでたから。
じゃす~、、寂しいね。。
110724_153105.jpg


ずっと一緒だよ。
いつか、じゃすがそちらへいくまで待っててね。
IMG_9432.jpg

IMG_9440.jpg

花梨、、
あいたいよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
悲しいです。この笑顔いっぱいの子が もういないなんて・・・・・

花梨ちゃんのご冥福を心よりお祈りします。
どうか安らかにね。
2011/07/26(火) 10:49 | URL | りゅうママ #-[ 編集]
りゅうママさん*

りゅうママさんだってまだ悲しみも癒えていないのに・・・
お悔やみのお言葉ありがとうございます。

彼女、家族同然でした。
今でこそあたしは実家にいますが当時は車で3分くらいの距離に住んでて
毎日のように一緒にいたんです。

亡くなる前の日に会えたことが救いかな・・・
花梨によばれたんでしょうね。
いつかじゃす~も花梨のところへいくけど
花梨がいるから安心しておくってあげられそうです。。
2011/07/27(水) 01:27 | URL | じゃすま #EvmDRqhQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gojus.blog82.fc2.com/tb.php/957-f3185b02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。