ボーダーコリーjustyのがんばる日々

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなにじゃすと離れるのは初めて。
毎日気になって気になって…
すごく会いたいです

お世話はヨシコチャーンががんばってくれています。
お散歩はパパが。
時折公園でディスクで遊んでもらってるみたい

ひろりん゜にお願いしてあったスモッグも届いたようです。
可愛い
「介護」っていうとイコール大変、っていうイメージがあるよね。
そりゃあ今までやらなくてよかったことや
心配しなくてよかったこと、金銭的なことも加わってくるから
大変、といえば大変かもしれません。

でもじゃすに対して大変って思ったことは一度もないです。
最初のころはどうしたらいいかわからなくて
エーンって泣いたこともあったけど(笑
多分「楽な介護」をしてるからだと思う。
完全麻痺だと一番手がかかるのが排泄。
じゃすはカテーテルなので4~5時間ごとの導尿により
膀胱内のおしっこがカラッポになるので、モレるってことはまずないです。
もうまるっと4年もやってりゃー、
お水をどれくらい飲んだら何時間後にどれくらい出るとかわかるしね。
うんてぃも時間を見て先に出してあげるので
これまたモレることなし。
ほんとに「下半身が動かないだけ」なんですよー。
そりゃあ細かな配慮もいることもあるけど。

仮に介護が大変だったとしても
あたしはじゃすがいてくれることの幸せのほうがずっとずっと大きい。

だから大変じゃないんだよ。
幸せなんだよ^^
走りつづけるのだ
ある日の夕方のお散歩。
近所の大地くんと一緒に♪
大地くんってほんとにかわいくていいコなの!
りゅうくん、ミクはお先に終了してます@お散歩はたいてい2回戦
いいオトコ揃い

じゃす男さんかなりスッタカ歩くんだよ^^
朝はあたしとふたりで運動がてらのお散歩です。
実家の周りは道路がきちんと整備されていて安心してお散歩できる。
みんな一緒が楽しい♪

チェックも大事なじゃすのお仕事(^m^)
どんなやつだ~い?


で~、だね。

いくら本人もあたしも介護っていう意識はなくとも
実際は「要介護」であることに間違いはない。
じゃすは体の大きさもあるので抱っこの仕方さえ違います。
※通常は前足だけ脇をかかえての抱っこもできますが
 半身麻痺だと後ろの感覚がないのでその方法だとわんこは不安がります。
 下半身も必ず支えてあげてね@あくまでじゃすの大きさの場合
 キホンこんな感じでっす。

さて。
そんなあたしも11月に出産予定。
ひょっとしたら早まることもあるかも?入院なんてこともありうるのかも?
と、考えると彼のお世話をどうするか。
順調に出産~1週間で退院、だったらいいのだけどなあ。
ヨシコチャーン、頼みましたょ(-人-)

わんこと付き合っていく中で願わくばゆっくり年老いていってくれるのが
もちろん理想なのだけど、ジャスティのようにある日突然、という
イレギュラーな思いもしないこともあるわけです。
みなさんも「もし」わんこが病気になったり怪我を負って
病院に通ったり介護する状態になったらどうするか、生活がどう変わるか
少し想像してみることも悪くはないかもしれません。
ネガティブな意味じゃなくて、ね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。