ボーダーコリーjustyのがんばる日々

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

P1000028.jpg
変わらず幸せであったことに感謝(*^_^*)
ポケモンもいっぱいゲットできましたとさ(笑)

お写真は2004年。
12年前、そりゃああたしも若かった。
車いすになってからも、だけど
自分のあんよで歩くことができていた頃のじゃす~はお毛毛もゴーじゃすでね
本当にかっこよかったの。

愛しいって、心で繋がっていることなんだなあって思う。
IMG_1125.jpg

夏から秋にかけてのけいとう。
わたしの中では秋というイメージです。
お花屋さんでも見かけることが多くなりました。
少し変わったお色のコがいたので連れ帰ってきました。

花言葉は『おしゃれ』『気取り屋』『風変り』『個性』『色あせぬ恋』
真っ赤なトサカを持ち、胸を張って歩く雄鶏のように見えることから、
「おしゃれ」「気取り屋」という花言葉が生まれ
ドライフラワーにしてもあまり色あせないことから、
「色あせぬ恋」という花言葉がついたようです。
素敵な花言葉だね。
わたしにぴったりのお花だ(笑)

ぱっと見、あまり華やかではない印象のけいとうですが
こどもの頃読んだ絵本かなにかでけいとうのお話が強く残っていたの。
探してもなかなか見つからないのですが
たしか、木になりたかったけいとうのお話なのです。
がんばって冬を越えようとした健気なけいとう。。 

イソップ童話でこんなお話もありました。

---

バラのそばに生えているケイトウが、バラに言いました。
「あなたは何てきれいなのでしょう。神さまにも人間にも喜ばれるし、
 よい香りもして、幸せですね」
「でもわたしは、ほんの数日しか生きられないのですよ。
 ケイトウさん。
 誰かにつみ取られなくても、しぜんにしおれてしまいます。
 それにひきかえ、あなたはいつまでも花を咲かせていて、
 いつまでも若くていいですね」
しばらくの間だけ贅沢や楽が出来るより、
つつましくても健康で長生き出来る方が幸せなのです。

---

とかく何かや誰かと比べてしまうもの。
でも自分がもっているものは
自分にしかなく、きっと誰にも負けないものもあるはず。
誰かが必要としてくれるはず。
けいとうのように、もっているものを越えようとする心。
決して僻みや妬みでなく。

そんなひとに、なりたい。

もうすぐじゃす~の2周忌です。
o0800060011630601325.jpg
じゃす~やないよー(^^)
似てるでしょ。
じゃす~のパパのブルースくんです。
(お写真はブルースくんのブログより拝借いたしました)
その当時日本に入ってきたボーダーコリーの最初のブルーマールと言われています。
じゃす~も日本で10頭、いや6頭もいなかったであろう頃ですから珍しがられました。

じゃす~はブリーダーさんで出会ったのですがブルースくんには会ったことがなかったの。
それが先日お仕事で調べものをしているときに
ちょうどブルースくんの飼い主さんのブログを知るここととなり
ブログ上ではありますがご挨拶をさせていただくことができたのです。
ほんの少しでも自分が目にしたブルースくんとは違うお写真や生前を知ることができて
とても嬉しかったです。

インターネットの世界はときとして目にしたくない知りたくない情報もありますが
こういうときは心からありがたいなあと思います(*^_^*)
おっとり親子、きっとお空の上でものんびりだな。

もうすぐお盆だからね。
みんな元気に楽しく帰っておいで。


拍手コメントいただきましたMおかあさん♪
覗いていただきありがとうございます(^^)
みなさまお元気ですか??
先日もアニマルコミュニケーションでじゃす~の声を聞きました。
彼も同じようにわたしのことを想ってくれているみたいです(*^_^*)
ずっとずっと一緒です。
じゃす~とお話ししたくなると書きたくなる(笑)
って毎日お話してるけどね。
カタチあるじゃす~との思い出は新しくは作られないけど
思い出は永遠だから。
なんかここも終わらせたくなくて(^^)

この夏も猛暑みたいよ。
夏は特に思い出が強く残ってるなあ。。
時間の流れは変わることなく進み、また同じ季節がやってくる。
この夏も楽しみだよ。
IMG_5316.jpg
IMG_1610_20160523211659234.jpg
この間ね、じゃす~が夢に出てきたの。
時々出てきてくれるんやけど、その時は実家の2階からタタターって
ふさふさの尻尾を上げてなびかせながら1階に下りていった。
そんな姿を夢の中でも見たのは11年ぶりくらいになるかな。
麻痺してから、夢の中でも不自由だったからね(^^;
きっと今は毎日そんな感じであちこち走りまわってるんだろな。
目が覚めたときは悲しさよりも嬉しさのほうが大きかった。

夢って、、
夢の中だけでも、、、
幸せでありたい。
できることならこの世界でも。
「こころで みたときだけ、
ほんとうの ことが わかる。たいせつな ものは、目に みえないんだよ」

寝かしつけのときに読む絵本。
るいるいの最近のお気入りですが
わたしは毎晩号泣しながら読んでます。。
だいすきなこでまり♪
背の高いフラワーベースを見つけたので。
IMG_9707.jpg
じゃす~が半身マヒになってから床より上にあるものは
極力重いものを置かないようにしていました。
もし地震がきたり何かのはずみでじゃす~の上に落ちたら大変だもの。
今は自由だからヘーキだもんね^^
いや、体は通り抜けちゃうんだろーか??(笑)

コギたちは自力で逃げたまえ( ̄∀ ̄)
先日お仕事でアニマルコミュニケーションとコラボさせていただく機会がありました。
もちろんわたしも受けさせていただきました。
「アニマルコミュニケーション(以下アニコミ)」についてはその存在を知っていたし
いつかじゃすの声を聞いてみたいな、、と思っていました。
まさかこんなご縁があるなんてね^^
1039968_424686467644446_1583998977_o.jpg

じゃす~は空気を読むコだったそうです。
明るいコでわたしの理想。

アニコミを始めるとすぐにメッセージを伝えてきたそうです。
目に涙をいっぱいいっぱい浮かべて
「ありがとうありがとう!」
「愛してる愛してる」
と・・・
わたしはそれを聞けただけでも十分なくらいでした。
だって本当に愛している相手から「愛してる」と言ってもらえたんだもの。

「今までたくさんの方をみてきましたが
ここまで意思疎通ができているペアはなかなかいないです」
とも言っていただけました。
わたしは自然に無意識にちゃんとじゃすと以心伝心できているそうなのです。
これって本当に嬉しいこと。。
そしてぼのくんたちがいる中でも自分が特別だと思っているのもわかっているそうです。

わたしが感じてきたこと。
いろんなご縁。
やはりじゃすが結んでくれているそうです。
そしてこれからもどんどん結んでくれるんだって。
お教室にも時々ついてきてくれてるんだって^^

そうそう、じゃすのお空からのお迎えはわんこじゃないって。
近い身内のどなたか、、と言わはったので「父かな」とお聞きしたらたぶんそうですね、と。
じゃすとの縁も父だと思います、って。

ちょっとお仕事のお話になりますが
(わたしのお仕事は羊毛でわんこを生み出したり絵を描くことです)
お仕事中モデルのわんこの存在をなんとなーく感じたりすることがあって。
どうなんだろう??と思ってお聞きしてみたらまさにそれなんだって。
アニコミは言葉で伝えますが、わたしは作品として伝えていて同じ意味合いだそう。
めちゃくちゃ嬉しかったです、、
自分のやっていることや思っていること感じていることは間違いではなかったのかなって。
一時すごく悩んで落ち込んでしまったことがあったから。
あ、じゃすは「迷うことはやめて」て言ってたって。
よくわかってるやん、じゃす~(笑)

ディスクをやっていたときに止まってしまった
(ディスクをやらなくなった)ことについてもお聞きしてみました。
ec2 231
脚の違和感を感じていたそうです。
胸のあたりの苦しさもあったんだって。
たしかにね、健康診断のときにレントゲンを撮ってもらったら
命に別条はないけれども心臓の弁の動きがどうの、、って聞いたことがあった。
しんどかったのかな、ごめんねじゃす~。


親ばかですが(笑)ホモサピエンス息子るいるい@5歳 はとーーーってもよいコなの。
不思議なくらい、自慢したいくらい、よいコなの。
なんでかなと思ってたら
「(最後の)2年間はぼくにばかりママが世話をさせてしまって
ちゃんと愛してるありがとうを言えなくてお空に行っちゃったから
ぼくはその恩返しでしばらく(息子の)心友でいるつもりだよ」
じゃすはいつも寄り添って子守りしてくれているそうなのです。
ずっと一緒にくっついてたもんね・・・
IMG_3563.jpg

初めて羊毛を作ったのがじゃす~。
実はこの羊毛じゃす~もお写真よりも重要な存在らしいです。
お出かけするときにはいつも連れていっていたのですが
どんどん一緒に連れていってあげてください、と教えてくれました。
あと、お水がすきだから(笑)お水をあげてくださいって^^
もちろんあげることにしました♪
よかったよ、ケーキとかお肉じゃなくて(笑)
IMG_9611.jpg

今は自由に楽しく走り回っているそうです。
わたしが元気に幸せだから、やっぱりじゃすも嬉しそうって^^

覚えているうちに書き連ねたので読みづらくてごめんなさい(^^;
まだ、ほかにもあるんだけどね(笑)
読んでくださってありがとうございます。
みなさんも機会があったらわんちゃんたちの声、聞いてみてね。


じゃす~、ありがとう。
わたしも愛してるよ。ずっとずっと。